2007年07月26日

嘲笑

何の行動も許されない
何かをしようとすれば邪魔をされる
もうなにか大きな力によるものとしか思えない

私以外の存在は少なくとも私を陥れるためにある
私以外の何かとの接触によって
私は少しずつ大きな力によって
それの期待するところに流されていく
もうどうすることもできない

疲れた
もうがんばれない
そして見える物が1つ

あらゆることが予定されたとおりに動いている
もがいてもあばれてもあらゆる方法であらがってみても
行き着く先はもうすでに決まっている

そんな私をそれは高いところで嘲笑している


posted by G-SHOES at 12:55| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。