2009年05月23日

あえていおう

 昨今某深夜アニメによって,今は庶民に紛れて暮らしている,か
つてロックに魂を奪われた社会的不適合人種たちが次々にトラップ
にかかり,じわじわとあぶり出さされています。

 しかし,彼らが一様にひっかかるのは,レスポールか,ジャズ
ベース(それも左利き)というトラップばかり。

 私はキーボーディスト。

 確かに,お金持ちのお嬢様らしく,コルグの高級機TRITON
Extremeの76鍵モデルは,素晴らしい。これで出来ない音楽は
ないであろう。

 また,EDのRK-100も,ぎょっとするようなマニアぶ
りで,ある世代のプレイヤーのハートを鷲づかみにすること間違いなし。

 しかしどうだろう。

 他の楽器が,おおっ!と思う「渋さ」も体現しているのに,少々
TRITON Extremeとは無難かつ安易すぎないか?

 RK-100なんて,中古でも滅多にみない上,重くてベロシ
ティにも対応しないのに,実用上おかしくないか?

 そこで,考えてみた。

 TRITON Extremeは彼女にとって外せないだろうし,76
鍵というチョイスは実によい。これはもう確定。

 しかし,キーボードというのは,音色の使い分けや同時発音数が
欲しいと言うだけで,複数台を並べないものだ。

 1つは瞬時に音を切り替えるのに,1つはもちろん見
栄え。自分をぐるっと囲うように3段ラックを配置するのは,
すべてのキーボディストにとって,夢である。

 よって,

3段スタンド(1)・・・上からMOTIF-XS6,TRITON
Extreme,CX3
3段スタンド(2)・・・上からExpander,minimoog
Voyager,SGproX
3段スタンド(3)・・・上からJupiter8,VP-770
ラック・・・Fantom-XR,Micro Q Phoenix
Edition,DEQ230,midiVerb,FS1R,A-880
ショルダー・・・707

 これならおおっ!となること間違いなし。

 オールラウンドなTRITONとMOTIFで土台を固め,ここ
一番のシンセブラスにExpander,ストリングスとパッド系には
Jupiter8。

 オルガンプレイにはCX3,ピアノにはタッチもこだわる
SGproXで決まり。最近不可欠になりつつあるボコーダにはVP-770
でばっちり。

 華麗なソロプレイには707を抱え,Voyagerつないで
縦横無尽に暴れ回れ。

 そしてさりげなくMacBookProも脇に。もちろんLOGIC
インストール済み。


 いやー,これはもう超高校生級。一気に増やさず,少しずつ増や
していくと,絵的にも賑やかになっていって大変に好ましい。

 低迷気味の電子楽器業界もあやからねば。
posted by G-SHOES at 22:48| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

そんなに名前が大事なのか

 ローソンのam/pm買収・・・ご破算
 ペリカン便とゆうパックの統合・・・大幅に遅れた

 どっちも「名前を残す」ことにこだわったせいです。

 私に言わせれば,上の4つ,どれもそこまでこだわって残す価値のある名前じゃない。

 
posted by G-SHOES at 13:39| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

マスクとサングラス

 新型インフルエンザが流行していますが,日本では当たり前のマスクが,欧米ではあまり目にすることがなく,それどころかマスクをする日本人がなんとなく避けられているような気がするということを,しばしば耳にします。
 欧米人にいわせると,マスクをしていると銀行強盗に間違われるから,など不審者に見えることを理由に挙げるんだそうです。
 日本人はその感覚が分からない,と言ういうんですが,笑止。

 サングラスをしている人を見て,日本人は警戒しませんか?

 どこかで読みましたが,アジアの人はマスクには抵抗がない,欧米の人はサングラスに抵抗がないそうです。
 推測と前置きしながら,これはアジアと欧米の,人の顔のどこをみて会話をするのか,どこをみて表情を読むのかに関係があるんじゃないかと,いうお話でした。
 
 おそらく全世界共通なのは,サングラスとマスクの両方をすると,通報されるだろうという事です。

 
posted by G-SHOES at 10:18| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

フランスの嫌がらせ

 この連休で,ブルーバックスの「図解・TGV vs.新幹線」を読んだのですが,非常に面白いエピソードがあったので紹介します。

(1)ドイツのICEが,フランスへの乗り入れをしようとした際,フランスは強硬に反対。

 ドイツ)ICEをフランスに乗り入れたいんですが・・・
 フランス)こんなに軸重(車軸1つあたりにかかる重さ)が重かったら線路が壊れてしまうがな。
 ドイツ)全く新しいICEをフランスのために作りました。今度は動力分散方式なので軸重は軽いですよ。いやー,お金もかかりました。今度こそ乗り入れしてもいいですよね?
 フランス)どれどれ・・・あんたんとこの列車な,線路の下の石を巻き上げるから,やっぱりあかんな。

 ほとんど近所のおばちゃん状態ですね。


(2)イギリスが大陸からEuroStarで乗り入れを許可した際の話・・・

 フランス)イギリスさんはフランス語が嫌やろうから,列車名も英語の「EuroStar」にしときましたで。
 イギリス)いやいや,それはありがたい。でも,ドーバー海峡トンネルを通って大陸のネズミがイギリスに来ると生態系が壊れるから,柵を付けさせてもらいますよ。
 フランス)ネズミって,そこまで大陸が嫌いなんかい・・・

 ともあれ,ヨーロッパはおもろいところです。
posted by G-SHOES at 12:51| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。